椎野芳子 犯人は少年で動機が金で計画的犯行か?少年法改正の動きは?【追記あり】

椎野芳子さん殺害情報の続報が入って参りました。犯人は未成年の少年3人で、県警茂原署の捜査本部は2日、県内の少年3人を強盗殺人と住居侵入の疑いで逮捕したと発表しました。逮捕されたのは、同市に住む土木作業員の少年(18)、住所不詳で無職の少年(17)、住所不定で無職の少年(18)が逮捕された模様です。事件の詳細とともに犯人像に迫って参りたいと思います。

スポンサーリンク




事件の犯人詳細内容


千葉県茂原市東茂原の住宅で2月、住人の女性(85)の遺体が見つかった事件で、県警茂原署の捜査本部は2日、県内の少年3人を強盗殺人と住居侵入の疑いで逮捕したと発表した。逮捕したのは、同市の土木作業員の少年(18)、住所不詳で無職の少年(17)が2月28日、住所不定で無職の少年(18)が今月2日という。捜査本部は3人の認否を明らかにしていない。

発表によると、3人は2月25日午後5時ごろ~26日午前9時ごろ、共謀して強盗目的で椎野芳子さん方に侵入し、椎野さんを暴行して殺害した疑いがある。県警は、3人が椎野さんと面識はなかったとみている。

司法解剖で、死因は窒息や出血性ショックの疑いがあるとわかった。捜査関係者によると、椎野さんの頭部周辺に刺し傷などがあったという。

事件は2月26日朝、同じ敷地に住む長男の妻(57)が室内で血を流して倒れている椎野さんを見つけて発覚した。親族ではない人物が侵入した形跡があったことなどから、県警は殺人事件と断定した。現場の状況などから容疑者を絞り込んだ。椎野さんは同居の長女が入院しており、一人暮らしだった。

引用:朝日新聞社

スポンサーリンク




少年プロフィール


■同市の土木作業員の少年(18)

2月28日逮捕

■住所不詳で無職の少年(17)

2月28日逮捕

■住所不定で無職の少年(18)

3月2日逮捕

顔写真、Facebookは明らかにされておりません。

犯行の動機は


3人の犯行に対する認否は発表されておりませんが、物色をしていた形跡があったので、

金品目的の犯行で盗難に入った時に出くわしてしまった椎野さんに見つかってしまい

騒がれる前に殺害をしたと推測されます

事件のまとめ


面識は無いとみられるので、そこに入りやすそうな家があった、老人だけで住んでいるので侵入が容易だったなど、計画性のない犯行で簡単に人を殺してしまうとことが推測されるので、判断力の欠如と突発性の事件かもしれませんが、少年犯罪の凶悪化が後を絶ちません

少年法の改正は2014年4月11日、少年法改正案が参議院で可決され成立しました。

これまで少年事件の被害者遺族からは成人の事件と比べて刑が軽いという訴えがあり、厳罰化の方向となっているようです

そもそもの話、本来ならば命の大切さや犯罪を安易に引き起こさない教育が必要ですが、家庭環境や虐待など本人しかわからないことも有り、犯罪を犯した後の処罰とその後の更生を充実させれる社会になることを願います

こちらの事件の詳細は追って追記させていただきます

最後までお読みいただきありがとうございました

■この記事の関連内容 こんな記事も読まれています

椎野芳子の顔写真・Facebookは⁉千葉・茂原市で85歳女性死亡、事件の新犯人は意外な人物⁉

<事件の行方について>

3月4日時点までで新たに分かった事が幾つかあり追記をさせていただきます

<犯行手口に共通点>

今回の事件が起きる前に現場周辺の事務所などが荒らされ現金が盗まれる被害が相次いでいたことが関係者の取材で明らかになりました。夜中に侵入する手口など共通点があり警察は関連を急いでいるそうです

<事件ケース1>

椎野さんの自宅から1㎞ 程離れた場所にある飲食店で、先月25日の早朝に従業員が出勤した際に、店の窓ガラスが割られており店舗にあった現金が盗まれているのに気づいたという事例もありました

飲食店の店長の女性は「早朝に出勤した従業員が店の窓ガラスが割られているのを見つけました。店内には複数の足跡があり、現金を入れていた袋がなくなっていたほか、従業員のロッカーも全部開けられていました」と話していました。

<事件ケース2>

ある店舗では、先月25日の午前4時ごろに店舗に何者かが侵入してレジと貯金箱が盗まれる盗難事件が発生し、その後周辺を確認するとレジと貯金箱は現金が抜き取られた状態で近くの側溝に捨てられているのが見つかったということです

被害にあった店舗の男性は「2階で寝ていたら、店がある1階から足音が聞こえて目が覚めた。窓から外を見たら少年のような若い男3人が『早くしろ』などと言いながら逃げていくのが見えた。1階に降りてみると店の窓ガラスが割られ、レジなどが紛失し現金が盗まれていた」と証言しています

<追加記事1>


千葉県茂原市の住宅で1人暮らしの85歳の女性が殺害され、少年3人が逮捕された事件で、一部の少年が「寝ていた女性が起きてきて顔を見られたので、ナイフで刺した」と供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。
警察は、金品を奪う目的で1人暮らしの高齢者を狙ったとみて調べています。

先月26日、千葉県茂原市の住宅で、この家に住む椎野芳子さん(85)が血を流して死亡しているのが見つかり、警察は、17歳から18歳の少年合わせて3人を、強盗目的で住宅に侵入し暴行を加えて殺害したとして、強盗殺人などの疑いで逮捕しました。
椎野さんは夫が亡くなったあと1人で暮らしていて、遺体で見つかる前日・先月25日の夕方には、近所に住む長男の妻が食事を届けていたということです。
その後の調べで、少年らが侵入したのは、長男の妻が帰ったあとの先月26日の未明とみられ、調べに対し一部の少年が「寝ていた女性が起きてきて顔を見られたので、ナイフで刺した」と供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。
捜査関係者によりますと、現場には、血のついたナイフが残されていて、一部の少年が「高齢の女性の1人暮らしと知って金を取ろうと侵入した」と供述しているということです。
警察は、少年らが金品を奪う目的で1人暮らしの高齢者を狙ったとみて調べています。

親族などによりますと、椎野さんは、若いころから夫とともに果樹園や造園業を営み、4年ほど前に夫が亡くなったあとは、趣味で花を育てながら暮らしていたということです。
一緒に住んでいた長女が病気で入院するようになり、現在は1人で暮らしていて、近くに住む長男夫婦が時折、食事を届けに行くなど生活の世話をしていたということです。
最後に姿が確認されたのは、遺体で見つかる前日の先月25日の夕方で、長男の妻が食事を届けに行った時でした。
そして、その翌日26日の午前9時前に長男の妻が再び自宅を訪れ、椎野さんが殺害されているのが見つかりました。

椎野さんのさんの70代の義理の弟は「少年が逮捕されほっとしたけれども『もう姉さんはいないんだ』という悲しみが襲ってきました。襲われる瞬間に感じた恐怖といったら、まったく想像がつきません。『無念だっただろうな』という言葉しかでてきません。1人暮らしの高齢者は、戸締まりに気をつけなければならないと改めて思いました」と涙ながらに話していました。

引用:千葉県NEWS

<追記2>


千葉県茂原市の無職、椎野芳子さん(85)が自宅で殺害された事件で、千葉地検は23日、強盗殺人などの非行内容で、住所不定の無職少年(18)を千葉家裁に送致した。検察官送致(逆送)を求める「刑事処分相当」の意見を付けたとみられる。家裁は同日、4月5日まで2週間の観護措置を決めた。

送致された少年は、すでに20日に同じ非行内容で家裁送致された17歳と18歳の2人と共謀し、2月25日夜~26日朝に椎野さん方に強盗目的で侵入。椎野さんに暴行を加え、殺害したとしている。

引用:Yahoo!ニュース

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする