佐藤晃 顔画像,Facebookは?あおり運転や無理な割込み、ドライブレコーダーで御用となる

残念なニュースが飛び込んでまいりました。

高速道路で前方の車をあおる運転をした後、無理に前に割り込みトラックの目の前で急ブレーキをかけて追突させ、運転手に軽傷を負わせたとして会社役員の佐藤晃(さとうあきら)が逮捕されました

動機や目的はいったい何なのかドライブレコーダーが決め手となった犯行の経緯を追って参りましょう

スポンサーリンク



この事件の報道内容について

高速道路で前方の車をあおる運転をした後に、

急に前に割り込んで急ブレーキをかけて追突させる危険運転をし、トラックの運転手に軽傷を負わせた容疑として

福島県警高速隊は自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで山形県真室川町川ノ内に住む、会社役員の男、佐藤晃(さとうあきら)容疑者を逮捕したと発表がありました

 逮捕容疑の内容は、今年3月20日の午前0時10分頃に、福島県郡山市の東北自動車道下り線で、自ら乗用車を運転し大型トラックを数分間もあおった後、無理に前に割り込んで容疑者の車に追突させ、40代の男性運転手の腰などにケガを負わせたとされています

佐藤容疑者自身も首に軽いけがをしたという事です

トラックを運転の被害男性が「あおられている」と110番へ通報した後に追突しました

福島県警高速隊が目撃者の証言や撮影したドライブレコーダーの記録を調べて判明しました

プロフィール・顔写真・Facebookは?

容疑者について現時点でわかっていることをまとめました

名前:佐藤晃(さとうあきら)

年齢:28歳

職業:会社役員

住所:山形県真室川町川ノ内

家族:不明

顔画像やそれ以外の情報を調査するために、

FacebookやTwitterにて調査しましたが、

本人と思われるアカウントを特定することはできませんでした

事件の犯行時刻や動機について

犯行時刻:3月20日午前0時10分ごろ

犯行動機(内容):被害者のトラックを数分間あおり続けた後に、

無理やり前に割り込んでブレーキを踏み追突させた

被害者:トラック運転手(40代)

被害状況:トラック運転手の腰などにケガ

佐藤容疑者も首に軽いけがをしていますが、

自業自得な印象が残ります

事件現場周辺はここ

犯行現場:福島県郡山市 東北自動車道


現場は福島県郡山市の東北自動車道下り線とあります

数分間煽られていたので、相当な距離を危険にさらされ恐怖だったと思います

スポンサーリンク



ネットの声 まとめ

GW中も高速で黒いアルファードが凄い車間距離で煽ってるの見ました。

黒いアルファードって最低ですね。

だいぶきてますね。首にケガって。
追突されたって言って被害者ぶる気だったのかね。

このアホはドライブレコーダーの存在すら知らんのか?

トラックは録画しているから追突も自ら出来るのにな
俺なら全力で追突してやるけど・・・

俺も今度から煽られたら110番しよう。

殺人未遂と思いますよ。本当に危険極まりない。

28歳で会社役員、イメージ通り。

なるほど!
ドラレコだけで逮捕?と思ったけど、あおり運転110番の伏線があったのね。

オカシイ奴が今後自重するニュースになればいいが。

会社役員って、、、笑
ダサい奴だ

・大型相手だと余計に危険だし荷物に損害でたら
賠償も半端ないのに何が目的?

・私が勤める会社でも、大型ドライバーが高速道路で追突しまして、原因がハイビームとクラクション鳴らしっぱなしで煽ってたハイエースバンの割り込み急停車。聴取時に急ブレーキなんてしてない煽ってないってトボけてたけど、バックカメラ連動のドラレコにバッチリ。現場で映像提示して、その場で逮捕。首が痛い背中が痛いって自分から119番してたみたいですが、救急車でなくパトカーに乗せられていったそう(笑)

・保険会社とかで、あおり運転にあったら、知らせるアプリとかボタンを開発とかしてくれないかな。
電話するのも危険だし知らせるアプリを押せばセンター等に警報がいって代りに110番通報してくれるとか「あおり運転の被害情報」としていいサービスじゃないかな。

・トラックの運転手さん、
冷静な判断見事です。
熱くなってやり返してたら
あなたが悪くなってたかも。

・無差別殺人未遂。
大人なら高速で追突したらどうなるかくらい分かるはず。
そのうえでの行為には極刑を!

ネットでも批判の声が絶えませんでした

過去の危険な『あおり事件』の例

こちらの事件もかなりヤバい

運転している車を止め、模造刀で刺す

一歩間違えば殺人事件に発展の内容です

とめられても、車を壊されても社外には絶対に出ず即通報しましょう

殺されてしまっても犯人は数年で出てきます

筆者もその昔、高速道路で煽ってきたセンチュリーに車道内で止められそうになった時には

さすがにビビりましたが、社外には出ずに済みました

まあ、センチュリーって最初から分かってたら道を開けてたんですけど、、、

こちらも、危険度AAA

ドライブレコーダーは事故以外からも自分を守るアイテムというのが

なってみないと身に沁みませんが、この様な恐怖体験をしてしまう前に

防衛策を取っても損はないですね

今回の事件 まとめ

若い会社役員の危険行為の末の事故って、よくありますね

苦労して人の上に立ってないのが原因で、

世間に感謝が出来ない人間が引き起こしてしまいそうな残念な事故

せめて他人さまには迷惑を掛けないでいただきたいものです

おそらく社長は父親か親族辺りだと思いますが、

社員教育の前にまず身内の規律を正さないと、

そのうち社員もついてこないのではと詮索してしまいます

十二分に反省して安全運転に心掛けていただきいものです

詳細が分かりましたら追記をさせていただきます

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする