大桃珠生 犯人の動機は何?顔見知りの犯行か、非情な犯人像に迫れ! 

衝撃的なニュースが飛び込んでまいりました

新潟市のJR越後線の線路で7日夜、小学2年生の大桃珠生(おおももたまき)さんが列車にはねられる事件が起こりました

殺害されたあと、何者かに線路上に放置された疑いがあると、体に残った証拠でわかりました

大桃珠生(おおももたまき)さんが残していったメッセージともに犯人の動機や行動内容を調査していきたいと思います

スポンサーリンク



この事件の報道内容について

新潟市のJR越後線の線路で7日夜、小学2年生の女子児童が列車にはねられ、その後、死亡が確認された。

警察は8日午後、捜査本部を設置し、死亡した女子児童は、近くに住む大桃珠生さん(7)で、殺害されたあと、線路上に放置された疑いがあると、会見で発表した。

死亡が確認された大桃珠生さんは、7日午後10時半すぎ、新潟市西区のJR越後線の線路で列車にはねられ、その後、死亡が確認された。

線路上に横たわっていて、運転士がブレーキをかけたが、間に合わなかったという。

大桃さんは、午後3時ごろに下校したあと、友人と歩いているのを目撃されています

殺害された大桃珠生ちゃんは、縄跳びが得意で学校で友人らに囲まれる日々を送っていたという。7日も元気よく登校したが、笑顔で帰宅することはなかった。「どうして、こうなったのか」。近隣住民や知人らは言葉を失った。

珠生ちゃんの自宅近くに住む主婦、吉田恵美子さん(70)は「元気な子で、お兄ちゃんと道路でサッカーをするなど仲のよい姿がみられた。ただ、1人で帰ってくることが多かった」と話す。また、珠生ちゃんの兄と同級生だという小針小4年の男児(9)は「縄跳びが得意で友達も多く元気だったのに…」と心配そうに語った。

見えない動機に近隣の住民らの不安も募る。主婦の平田栄子さん(65)は「住宅側は児童の通学路になっているが、夜はほとんど人通りはない。ただただ恐ろしい」。別の主婦(43)も「許せない。早く捕まえてほしい」と憤った。

関係者によると、珠生ちゃんが通っていた小針小では8日、教諭が「(家が)近くの人と一緒に帰ってください」と集団下校を呼びかけたという。

大桃珠生(おおももたまき)さん プロフィール

名前:大桃珠生(おおももたまき)

年齢:7歳

住所:新潟市西区小針上山

大桃さんは活発な女子で縄跳びやサッカーが得意だったそうです

兄ともサッカーをする仲だったそうで、クラスの人気者で

友人と仲良く過ごしていたそうです

事件の犯行時刻や動機について

犯行時刻:7日夜

被害者:小学二年生の女子生徒

被害状況:首を絞められて殺害された後に、線路上に放置された

犯人や動機については現在調査中の為、

詳細が分かり次第追記致します

事件現場周辺はここ

犯行現場:新潟県新潟市西区小針上山 周辺

報道ではこちらの場所が立ち入り禁止区域となっておりました

右手側の草が茂っている所に線路が道路と並行して敷設されています

スポンサーリンク



ネットの声 まとめ

集団登校しても、最後一人になる子とかいるからなあ。親の送迎を過保護と思ったときもあったけど、こんな世の中じゃ、最善の策かも。

名前出さなくてもいいと思う。

この記事読むと胸が痛くなる…
殺害されて線路に放置されるなんて人間がする事じゃない。
犯人は同じ目にあえ。

この記事読むと胸が痛くなる…
殺害されて線路に放置されるなんて人間がする事じゃない。
犯人は同じ目にあえ。

こんな事があっても「近くの人と一緒に帰ってください」か・・・
一緒に帰っても最終的にはひとりになるし、集団でいたとしてもみんな子供。
何かあっても何も出来ない。
そろそろ本気でスクールバス導入を検討するべきだと思う。

命は戻らないけど、仇は。
犯人は生きたまま、線路に結びつけて、電車にひいてもらいます。

犯人の名前や顔は出すべきでしょうが
このような残酷な亡くなり方をした子供の名前を全国に知らしめる必要があるでしょうか
写真は絶対に止めてほしい

子供が一人で帰るのは危ないよな…
わが子の学校は集団下校してくるけど、地域によっては、途中から一人になっちゃう子供もいるからなぁ。
ただただ悲しい。

田舎だと最後の子と別れてから自宅まで結構一人で歩くんだよね〜
しかも国道や県道は危ないからと裏道に入るから、こんな事があると違う意味で危険だと感じてしまう。

今回の事件 まとめ

こちらの事件に関しては犯人の証拠隠滅の行動が酷すぎて、

怒りの感情しか湧いてこない事件ですね

遺体を電車にひかせるなんて普通の人間のする事ではないのですが、

早期逮捕で捕まって裁かれる日を待ち望んでしまいます

こちらの事件は詳細が分かりましたら追記をさせていただきます

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする