小野村拓也 顔画像Facebook動機や事件現場は?セクハラか恋愛感情があったのか調査

残念なニュースが飛び込んでまいりました

茨木県立下妻第一高校の教師が

自分の生徒と一線を越えてしまう事件が起きました

つくば市に住む県立高校講師の小野村拓也容疑者は

今年4月つくば市の自宅に教え子の

当時16歳だった女子高校生を呼び出し、

わいせつな行為をした疑いがもたれています

事件の経緯を追って参りましよう

スポンサーリンク



この事件の報道内容について

教え子である女子高校生を自宅に呼び出し、わいせつな行為をしたとして、茨城県の県立高校の講師の男が警察に逮捕されました。

茨城県の青少年育成条例違反の疑いで逮捕されたのは、つくば市に住む県立高校講師の小野村拓也容疑者(34)です。小野村容疑者は今年4月、つくば市の自宅に、教え子で、当時16歳だった女子高校生を呼び出し、18歳未満と知りながら、わいせつな行為をした疑いがもたれています。

引用:Yahoo!ニュース

プロフィール・顔写真・Facebookは?

容疑者について現時点でわかっていることをまとめました

名前:小野村拓也(おのむらたくや)

年齢:34歳

職業:茨木県立下妻第一高校 国語教師

住所:つくば市

家族:不明

顔画像やそれ以外の情報を調査するために、

FacebookやTwitterにて調査しましたが、

本人と思われるアカウントを特定することはできませんでした

事件の犯行時刻や動機について

犯行時刻:今年4月

犯行動機:恋愛感情の末の行為かセクハラか調査中

被害者:教え子である女子高校生

逮捕容疑:わいせつな行為をしたと
青少年育成条例違反の疑い

この事件に関して小野村容疑者は否認しています

事件現場はここ

犯行現場:小野村拓也容疑者のつくば市の自宅

小野村卓也容疑者の勤務先はここ

茨木県立下妻第一高校
ここでは国語の講師をしていました

スポンサーリンク



ネットの声 まとめ

家にまで来たというなら女子高生も先生の事を好きだったのかもね。16歳でも現行法では結婚できるんだからお互いに恋愛感情があって本気で愛しあっていたならいいような気がするんだけどね。
しかし容疑を否認している段階での実名報道には違和感を感じる。実名報道は真相究明をしてからにするべきだ。

普通にこの子も先生好きだったんならいいんじゃないかと思う。

脅しや、騙しで自宅に来させる場合もあるよね。中学時代ありましたよ。先生は逮捕されました。

確かに本気の恋愛で結婚もあるとは思う。親としては複雑です。

どちらにしろ、高校生と大人が肉体関係を持つのは賛成出来ない。もし別れた時ただ遊んだみたいになって大問題。女子生徒側は大人信頼できなくなり、自分大切に出来なくなり、凄く傷付くに決まってる。

肉体関係は勿論無し。卒業まで我慢してちゃんと付き合うべきだと思う。

しかし、恋愛の多さにビックリ。若い女の子なんて大人の男に憧れる時では。好かれたからってその気になって手を出すなんて、教師として失格。

親の立場なら、例え娘がプロポーズされたとしても、教育者が理性抑えられなくて恥ずかしくないのか?他の生徒への影響もあっただろうに、プロ意識低過ぎ。また生徒に手を出すんじゃないの?何考えてる⁈と、反対しちゃうと思う。

とりあえず、簡単には信用出来ない。

最近、ワイセツ行為による犯罪の事件多すぎ。

そんなに理性抑えられないかな。

色々な意見があるみたいだけど普通にダメだと思う。

でもお互い思い合って入れば、女子高生が傷つかないように卒業まで待つべきでしたね。
お互いの立場が悪くなる事は理解できるはず。
でも男の先生って結構不倫とかしてるって聞くから遊ばれてたんじゃないかと心配です。

県立高校でしょう?内申点、推薦枠、奨学金申請、就職内定、、、いろいろ講師が特別な権力が持っている、家に来てと言われると断りきれない事もあると推測する。女子生徒が先生の事好きだから家に上がったとは限らない、事情もあった場合もある。

今回の事件 まとめ

恋愛感情があった行為かも知れませんが

年頃の生徒を受け持つ教師としては

そこは律していかないとダメな部分じゃなかったのか思います

女子生徒が被害届を出しておらず、相談といった形をとっていたことから

悩みを相談した所、思いもよらない広がりを見せてしまった可能性もあります

教師が権限を持っているので、断り切れなかった場合もあります

こちらの事件に関して詳細が分かりましたら追記をさせていただきます

皆様の情報をお待ちしておりますのでコメント欄からお気軽にお問い合わせください

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございましたスポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする