三好邑璃(みよしゆうり)遺棄で神智慶,長谷川剛拓逮捕!顔写真Facebook画像や動機は⁉

衝撃的なニュースが飛び込んできました。224日正午ごろ、北海道岩見沢市の山中で、雪の中から、三好邑璃(ゆうり)さん(19)の遺体の一部が見つかり、北海道警・白石署は、死体遺棄の容疑で札幌市の飲食店経営神智慶(じんとものり)容疑者(31)、同市北区北19西4、飲食店経営長谷川剛拓(こうたく)容疑者(31)を逮捕しました。事件の内容をおっていきましょう。

出典:WHPみんなのニュース

三好邑璃(みよしゆうり)さん殺害事件内容

北海道・札幌市の19歳の女性の遺体を、岩見沢市内の山中に遺棄したとして24日、札幌市の男2人が逮捕された。
死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、札幌市中央区の、いずれも飲食店経営・神 智慶容疑者(31)と長谷川 剛拓容疑者(31)。
2人は、2017年12月15日ごろ、札幌市白石区の19歳、三好邑璃さんの遺体を岩見沢市の山中に遺棄した疑いが持たれている。
警察は、2人の認否を明らかにしていない。
三好さんは12月15日ごろに、父親に「出かける」と言って家を出たあと、ススキノの飲食店を最後に足取りが途絶え、その後、保護者が捜索願を出していた。
警察は容疑者の供述などをもとに捜索し、24日正午ごろ、雪の中から人の頭部を発見した。
警察は捜査本部を設置し、2人からくわしく事情を聴いている。

引用:Yahoo!ニュース

スポンサーリンク



三好邑璃(みよしゆうり)さんの顔写真・捜索依頼のTwitter

三好邑璃(みよしゆうり)さんの頭部「道路から死体捨てた」

三好邑璃さんの頭部は山の中から発見されましたが、山とは別の場所で殺害され、車で運ばれ、山中の道路から雪山へ投げ捨てられたようです。犯人の役割分担は分かっていません

携帯電話のGPSが岩見沢市で途切れているということ、
そして遺体が発見されたのが岩見沢市の山中だということで、
容疑者グループは、死体遺棄後に携帯電話の電源を切ったということが予想されている

<追記 遺体の一部が発見されました>

なぜ埋めなかったのでしょう、被害者への尊厳も無ければ敬意も無し、

殺人を犯す人間にとって彼女らはモノ以下の扱いになってしまうのでしょうか

せめて隠すならちゃんと最後まで、という感じはしますがあまりにも惨すぎてショックしかありません。

三好邑璃(みよしゆうり)さんが発見された場所

事件場所は詳しく公開されていませんが、三好さんの頭部が見つかったのは岩見沢市栗沢町の山中とされており、場所の地図を記載致します


スポンサーリンク



三好邑璃さん(みよしゆうり)殺害事件の関係者プロフィール

■被害に遭った三好邑璃さんプロフィール

名前:三好邑璃(みよし ゆうり)

年齢:19歳

職業:不詳

住所:北海道札幌市白石区北郷8の3

行方不明時の服装:不明

家族:3人暮らし

行方不明になった場所:北海道札幌市南6条西4丁目近辺

事件発生時刻:2017年12月15日頃

札幌市の歓楽街・ススキノのススキノのjointというバーに出入りしたのを最後に行方不明

その後、携帯電話の電源が岩見沢市で途切れているそうです

その後の12月21日に行方不明届が出されていました。

■長谷川剛拓 (はせがわこうたく)プロフィール

名前:長谷川剛拓(はせがわ こうたく)

年齢:31歳

出身:千葉県山武郡

住所:札幌市北区北19西4

職業:飲食店経営

お店の場所:北海道 札幌市 中央区南5条西5丁目 ソシアル桂和ビル 8F

長谷川容疑者のFacebookのプロフィールでは、
千葉県山武郡出身で、千葉県明徳高校出身となっているようです

「Chill Out Bar Wicked」というバーを経営していたようです

『マスターの地元・千葉の地酒や札幌では珍しいフランス産焼酎、
そして大きな窓から見えるすすきのの夜景が自慢のお店です』

と謳う、価格帯もリーズナブルな店舗を経営していました

↓↓↓場所はこちらとなりますが、現在はさすがに閉業中となっています

■神智慶(じん ともなり)プロフィール

名前:神智慶(じん ともなり)

年齢:31歳

住所:札幌市中央区南6西8

職業:飲食店経営

現在報道では顔写真は公表されていません

またfacebookについて調べましたが、本人思えるアカウントは発見されませんでした。SNSは使用していない可能性はあります

■自首した男、柴田和雄(しばたかずお)の顔画像など人物像の詳細について

名前:柴田和雄(しばたかずお)

年齢:47歳

職業:無職

住所:札幌市中央区

柴田和雄容疑者は、前述の2人の容疑者が逮捕されたあと、自首してきたということです。

スポンサーリンク



ネットの声

・供述しなきゃバレなかった?

まあでも、監視カメラとかメールとか

何かしらの証拠が残ってたんだろうな。

 

・相模原と言い、民泊と言い、これといい、遺体の一部しか出てこない。

やっぱり臓器売買ネットワークだろ。

 

・飲食店ってことはキャバクラかホストクラブの経営者と揉めたのかな

 

・飲食店経営ってことは、たまたま客として来店したところをペッパーランチしたのかな?

 

・こういう場合の飲食店ってキャバクラとかじゃないか?

 

・最近女性の頭部見つかりすぎだろ

 

・恐ろしい事をする世な。

 

・見つけた人かわいそう

 

・白石の真似して首チョンパが増えたな

 

・酷い事件だ。

下半身はどこ行ったのかな。

 

・理由が何であれ人間をバラすとかまともな神経ではできないだろ

その時点で二度と社会に出してはならない危険人物決定

 

・北海道では娘がさらわれること多い

今回の事件のまとめ

準構成員の神智慶容疑者とネットにかいてあり、

神智慶については、暴力団関係者なのではないかという噂も出ています。

昨年の11月に六代目山口組系暴力団員の男ら3人が10代の男性を殴るなどし、重傷を負わせたとして逮捕された事件がありました。

被害者の男性は三好さんと交流があり、その関係性に激怒した神智慶がトラブルを起こしたとみられています

そのご逮捕され、釈放後に三好さんを殺害、、、時系列的にはつじつまが合います

発見された遺体は三好さんの頭部と毛髪だったとしていて、本人確認はDNA鑑定で明らかになったそうです。

今回の事件の捜査関係者によると男性2人は知人同士で三好さんが神智慶の店に出入りりていたとのうわさもあります

事件に関しては詳細が分かり次第追記します

三好さんのご冥福をお祈りいたします


<追記1 あらたな容疑者現る>


最新情報がはいってきましたので、追記をしたいと思います

UHB 北海道文化放送の発表によると、

26日未明、死体遺棄に共謀したとして札幌市中央区の無職、柴田和雄容疑者(47)を死体遺棄の疑いで逮捕しました。柴田容疑者は、出頭した際「俺を捜しているのか」と話したということです

警察は、3人の認否を明らかにしていません。捜査関係者によりますと、遺棄された三好さんの携帯電話の電波が、2017年12月15日ごろに岩見沢市内で途絶えていたことが分かりました

警察は、4人の間にトラブルがなかったかを慎重に調べています。

あらたな容疑者の浮上によって、事件の解明が急展開するのか⁉

分かり次第追記をしていきたいと思います

■2月27日追記

被害女性の死亡した場所が発見された山とは違う場所で死亡した可能性があることが分かりました

死体遺棄の疑いで27日に送検されたのは、札幌市中央区の柴田和雄容疑者。柴田容疑者は、先に逮捕された神智慶容疑者と長谷川剛拓容疑者と共謀して去年12月、三好邑璃さん(当時19歳)の遺体を山に遺棄した疑いが持たれています。捜査関係者の話によりますと、この3人のなかには「車で運んだ」と話している男性もいるということです。

三好さんが山以外の場所でトラブルに巻き込まれて死亡した可能性があるということです。捜査本部は三好さんが死亡した経緯を調べています。

<追記>5月29日 初公判

北海道岩見沢市の山中に当時19歳の女性の遺体を遺棄したとして、札幌の男ら3人が死体遺棄の罪などに問われた裁判の初公判で、検察は主犯格の男は「組に迷惑がかかるため遺棄をした」と指摘しました。

起訴状などによりますと、いずれも札幌市の飲食店経営、神智慶被告(31)と長谷川剛拓被告(31)は2017年12月、知人である三好邑璃さん(当時19)の遺体を札幌市中央区のホテルから岩見沢市の山中に車で運び、遺棄した死体遺棄などの罪に問われています。

無職の柴田和雄被告(47)は遺体に着せる服やニット帽を渡すなどした死体遺棄ほう助の罪に問われています。

5月29日の初公判で3人はいずれも「間違いないです」と、起訴内容を認めました。

冒頭陳述で検察側は、被害者の遺体が一部しか見つかっていなく死因は分かっていないが、主犯格の神被告が遺体を遺棄した動機について、「被告は暴力団組員であり、被害者が死亡したことで逮捕されると組関係者へ迷惑になると考え遺体を遺棄した」と指摘しました。

引用: UHB 北海道文化放送

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. j より:

    死体遺棄罪の男 覚醒剤で追起訴
    2018年03月29日 18時39分
    2月、岩見沢市の山中で、19歳の女性の遺体の一部が見つかった事件で死体遺棄の罪で起訴された飲食店経営の31歳の男が覚醒剤を所持していたとして覚醒剤取締法違反の罪で追起訴されました。
    追起訴されたのは札幌市の飲食店経営、神智慶被告(31歳)です。
    神被告は傷害事件で先月5日に逮捕された際に自宅から覚醒剤の粉末およそ0点1グラムが見つかったとして覚醒剤取締法違反の疑いで再逮捕されていました。
    神被告をめぐっては去年12月、当時19歳の女性の遺体を札幌市中央区から岩見沢市の山中まで車で運んで遺棄したとして死体遺棄の罪ですでに起訴されています。
    検察は覚醒剤取締法違反の罪について神被告の認否を明らかにしていません。
    警察は今後、雪どけを待って遺体の一部が見つかった岩見沢市の現場で捜索を再開する方針で、覚醒剤と遺棄事件との関連についても慎重に調べることにしています。
    https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20180329/3448461.html

    • kenichi-kyousoku より:

      追記コメントありがとうございました
      これからも宜しくお願い致します