鹿嶋学、北口聡美を刺したナイフを自宅で押収、なぜ捨てずに隠し持っていたのか調査

衝撃的なニュースが飛び込んでまいりました。山口県宇部市にある鹿嶋容疑者宅などへの捜索で警察はナイフを含む約85点を押収した。この中で犯行に使われた凶器のナイフが出てきたということです。鹿嶋学容疑者が北口聡美さんを刺したナイフを自宅で押収した件で、なぜ捨てずに隠し持っていたのか調査していきたいと思います

スポンサーリンク



この事件の報道内容について

広島県廿日市(はつかいち)市で2004年10月、高校2年の北口聡美さん(当時17歳)が自宅で刺殺された事件で、会社員鹿嶋学容疑者(35)(殺人容疑で逮捕)の自室からナイフが押収され、鹿嶋容疑者が県警の調べに対し、「このナイフで刺した」と供述したことがわかった。

 県警は、凶器とみて鑑定を進めるとともに、長期間保管していた理由も調べる。

 県警は13日、山口県宇部市にある鹿嶋容疑者宅などへの捜索でナイフを含む約85点を押収した。捜査関係者によると、鹿嶋容疑者は容疑を認めており、取り調べでこのナイフについて問われると、事件に使ったと説明。また、事件についても「通りすがりでやった」という趣旨の供述をしたという。

 鹿嶋容疑者の自宅は、事件現場から西に約100キロ。県警の調べでは、広島県内に住んだ形跡はなく、捜査線上に浮かんだこともなかったといい、北口さんとは面識がなかったとみている。

引用:Yahoo!ニュース

犯行動機や事件の場所

犯行時刻:2004年10月

犯行現場:北口聡美さんの自宅で刺殺

事件内容:「通りすがりでやった」

被害者:北口聡美さん(死亡)と祖母(重症)

鹿嶋学の家から見つかった凶器のナイフについて

今回の家宅捜索で警察はナイフ1本を押収した。

事件の凶器は先のとがった細長い片刃のナイフと推定されている

押収されたものは大きさや形状が近く、付着物のDNA型などの鑑定を進めていているようです

捜査関係者によると、ナイフは同容疑者の部屋から見つかり、本人の所持品の様です

ナイフを所持して被害者宅へ侵入する時点で計画的な犯行には変わりがありません

ナイフの形状からすると果物ナイフのようなナイフが予想され、サバイバルナイフのような大型のようなモノではないと予想されます

スポンサーリンク



気になるネットの声

ただの通りすがりで説明つく?
わいせつ目的の殺人じゃないの?
通りすがりに人家に不法侵入し、ナイフで脅して家人を襲うとしたら大声出されて口封じに殺害。

亡くなられた被害者、負傷された方や遺族の方にとって、犯人逮捕は大きな一歩だけど、今後は、殺人犯にどれだけの刑を裁判所が科してくれるか気になるでしょうね。

私が親なら、何の落ち度もない娘を、正当な理由なく殺害しているのだから、同じ方法で仇討ちしてやりたい。

この犯人は精神的なものが壊れているね・・・
誰でも良かった訳だ、本当に殺された娘さんが可哀想
17歳と言えば此れから人生を楽しむ年齢なのに・・
ご冥福を心からお祈りいたします。

一番楽しいはずの未成年の時期に、民家に侵入して殺人。そしてナイフを保管。心の闇を感じます。被害者のご家族は勿論。犯人の家族もショックでしょう。しかし、被害者の為にも、何故息子さんが殺人鬼になってしまったのか、原因を見つける事に協力して欲しい。最近、親のせいばかりでは無いようにも思う。生い立ちや、生まれ持った不器用さとか。普通じゃ無い思考する人を未然に防げる対策が取れるようになり、凶悪事件が減ることを願う。

通りすがりで凶器のナイフをずっと持っていてその後平然と就職して働いて・・・二面性ありすぎ、怖さを感じる

証拠となる凶器を十数年も持ってたのか。怖ろしい。

鬼畜が14年も日常に紛れていたとは、
しかし似顔絵が似ている!
なのに捜査線上にもあがらなかったのは残念

これは余罪が山とあるんじゃいか。

普通だと凶器はすぐに処分するけどね〜
宇部とかなら海に捨てれば絶対に見つからない。

逮捕のきっかけを作った殴られた相手に感謝状を。ありがとう。

14年も持ってる?こいつ他にもやってそう。

通りすがりで凶器のナイフをずっと持っていてその後平然と就職して働いて・・・二面性ありすぎ、怖さを感じる

快楽殺人だね。加古川の小学生女児殺人事件とか、類似の未解決事件についても追及すべきでは?

「今日は天気もいいし、ちょっと遠出して女子高生でも殺すか♪」


こんな感じだったんだと思う。
まともじゃねーわ。

こういう凶悪犯で極刑に出来ない場合は外人部隊に強制入隊させればいいと思う。

自分が人を殺めたナイフをずーっと持っているなんてやっぱり頭も神経もだいぶイかれてる。

10年以上も前の殺人をした道具を持ち続けるって相当おかしい。
犯罪を隠そうと証拠となる武器を捨てるのが多いのに・・

フィリピン人?が確か六人を無差別になんの脈略もなくころした事件があったがこいつも同じような感じには思えない
この女性をねらったとは思えないけれど暴行や強盗もしくは
ただ殺人をしたい欲望を満たしたいがためにやったのだろうか

捨てて証拠隠滅しようと思えばいつでも出来たはずなのに、なんでずっと持ってたんだろう・・・。

お父さんの犯人への執念 警察の諦めないでくれた執念 逮捕まで長い道のりでしたが実って本当に本当に良かったです。ご家族の日々がどれほど辛く苦しかったか…
犯人には極刑しかないですね。

自室で押収…(・・;)?

ずっと持ってたんだね…戦利品みたいな感じかな? 人として終わってる(呆)

証拠を14年も保管しているなんて!
また違う意味の鬼畜が現れましたね

一昔前の日本の安全神話は崩壊

毎日の様に殺人事件が起きている。

犯人をどうしたらいいのか?

犯罪予備軍をどう減らせばよいのか?

防犯も当たり前、自分の命は自分で守る時代。

犯罪予防教育に力をいれて、社会の落ちこぼれを増やさない政策を打ち出して欲しい。

凶器は真っ先に処分しそうなもんだが…。殺した時のことを思い出すために敢えて残してるとすれば、快楽殺人とかの可能性もあるのか?

凶器、まだ持ってたのか?異常だな。こいつ、余罪あるんじゃないか。

■この事件のまとめ■

今回の押収に関しては、犯人の変質ぶりが伺えます

なぜ14年間も保管していたのでしょうか、見つからないと思ったのか、思い出すための戒めとして残してあったのか、、、いずれにしても犯罪者側の勝手な理由付けで保管をしていたと感じます。一早く証拠も確定し罪の裁きが早まることを期待しています。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました

詳細が分かりましたら追記をさせていただきます

また次回のニュースでお会いできるのを楽しみにしております。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 検証ありがとうございましたcustom essay writing

    • kenichi-kyousoku より:

      コメントありがとうございました
      今後ともよろしくお願いいたします