船戸雄大 船戸結愛を虐待死 顔画像やFacebook犯行動機を徹底調査!【現場動画あり】

また悲しい事件が舞い込んできました。

この事件は今月3日、東京都目黒区のアパートで5歳の船戸結愛ちゃんが

意識不明の状態で病院に運ばれその後お亡くなりなられた事件です

結愛ちゃんの顔を殴った傷害の疑いで父親の船戸雄大容疑者(33)が逮捕されています

船戸雄大容疑者は、娘の結愛ちゃんのほかに妻(25)と長男(1)の4人暮らしをしていました。

船戸雄大が娘の船戸結愛ちゃんを虐待死させた理由や、顔画像やFacebookなど

犯行動機を調査していきたいと思います

スポンサーリンク



事件の内容

5歳の長女に暴行を加えたとして警視庁は3日、父親の無職、船戸雄大容疑者(33)=東京都目黒区東が丘1=を傷害容疑で逮捕した。長女は意識不明の状態で病院に搬送されたが、まもなく死亡した。同課は傷害致死容疑に切り替えて捜査する。長女の身体には複数のあざがあり、同庁は虐待を受けていた可能性もあるとみて詳しい経緯を調べる。

 逮捕容疑は、2月下旬ごろ、自宅で長女の結愛(ゆあ)ちゃん(5)の顔を数回殴り、傷害を負わせたとしている。容疑を認め、「言うことを聞かなかったので、数日前に浴室に連れて行き、殴った」と供述しているという。

 同庁によると、船戸容疑者は妻(25)と結愛ちゃん、長男(1)の4人暮らしで、結愛ちゃんは妻の連れ子。暴行を受けた後、動けずに横になっていたという。2日夕、息をしていないことに妻が気付き、船戸容疑者が「心臓が止まっているようだ」と119番した。結愛ちゃんの顔に打撲痕が見つかった。

引用:毎日新聞

船戸雄大プロフィール・顔画像・facebook

名前:船戸雄大(ふなと・ゆうだい)

年齢:33才

住所:東京都目黒区東が丘1丁目

職業:無職

収入源:妻

家族:本人、妻、娘(連れ子)、息子

Facebook・インスタには同姓同名のアカウントは見受けることはできませんでした

Twitterには同姓同名の人物のアカウントがありますが本人とは特定できないためここでは控えさせていただきます

何かしらの情報が判明しましたら、こちらに追記をさせていただきます。

事件の経緯・動機

<船戸結愛ちゃん虐待の経緯>

・2月下旬ごろ

自宅の風呂で顔を数回殴る蹴るなどの暴行

・3月2日 午後6時ごろ

「娘が数日前から食事をとらず嘔吐(おうと)し、心臓が止まっているようだ」と119通報

意識不明の状態で病院に搬送されるも間もなく死亡が確認される

救急隊員が虐待の傷跡に気づき警察に通報

「言うことを聞かなかったので、数日前に浴室に連れて行き、殴った」と供述

事情聴取では暴行の事実を認めています

・3月3日

警視庁は3日、父親の船戸雄大容疑者を傷害の疑いで逮捕

<追記>

・ニュースは3月3日の午前中に報じられていおり、当初「33歳の父親」と報じられ名前は伏せられていた

・午後になり朝日新聞が報じた記事にて父親の名前が船戸雄大であると公開しました

・両親は過去に、女の子への虐待が疑われるとして、児童相談所の指導を受けていたことがわかりました

・また船戸雄大容疑者と妻が結愛ちゃんへの虐待が疑われるとして、今年1月まで住んでいた香川県の児童相談所から指導を受けていたことがわかり結愛ちゃんは児童相談所に一時保護されたこともあったということです

<犯行の動機>

取り調べ時に「言うことを聞かなかったので、数日前に浴室に連れて行き、殴った」と供述

長女の身体には複数のあざ(皮下出血)があり、目の上にも複数のあざも確認されております

虐待を受けていた可能性もあるとあり、日常的に暴行を受けていた可能性は十分にありそうです

また暴行後に動けないとあるので、もしかしたら脳挫傷の可能性もあります

関係者の証言

・搬送の様子を見た人

「5歳にしては細いかな、ガリガリでしたね。旦那が少し取り乱しているような。(子どもは)動かない状態で、(顔は)土色ですよね」

・近所に住む女性

『ご主人明るい方でしたね。よくお話しされて明るい普通の(家族)。今どき珍しいなって思った』

・ご近所の方(動画あり)

スポンサーリンク



事件のまとめ

虐待は無くならないのか!そんな憤りしか感じない今回の事件ですが、自分よりも明らかに弱く、しかも自分の子供を執拗に暴力をふるうとは許されることではありません

無職が悪いわけではないが、こういった事件は無職が目立つ

個人的な見解ですが、なんでも内にこもりすぎると悪い方向しか向かなくなる時があるが、

それを家族を守る立場の父親が無抵抗な弱者に暴力を振るうのは厳罰に値すると感じます

この事件に関して追記がありましたら追って記述させていただきます

最後までお読みいただきありがとうございました

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする