藤井聡太【七段】年収や給料は?賞金も合わせて報酬はどれくらい?出どころやスポンサーは?

高校生プロ棋士の藤井聡太六段が5月18日に

史上最年少の15歳9カ月、デビューから最速の1年7カ月で七段に昇段しました

将来を期待するとともに気になる年収や給料を調査し、

賞金も合わせて報酬はどれくらいなるのか確認してまいりたいと思います

今後のスポンサーはどうなるのでしょう

スポンサーリンク



七段昇格の報道内容について

高校生プロ棋士の藤井聡太六段(15)が18日、大阪市の関西将棋会館で指された竜王戦ランキング戦5組準決勝で船江恒平六段(31)と対戦し、72手で勝利。規定を満たし、加藤一二三・九段(78)の17歳3カ月を61年ぶりに大きく更新する史上最年少の15歳9カ月、デビューから最速の1年7カ月で七段に昇段した。

「ここまで早いペースで昇段できるとは思っていなかった。目の前の一局一局に全力で打ち込んできたのが結果に表れた」。2月1日の五段昇段から朝日杯オープン戦に優勝してわずか16日間で六段となり、その90日後には早くも今年3度目の昇段。その道のりを振り返りながら、藤井は高校生らしい屈託のない笑顔を見せた。

過去3戦全敗だった“苦手”とする井上慶太九段一門の棋士との対決ということも加わり、報道陣50人以上が殺到したが「そういったところは意識してもしょうがない」。平常心で臨み、中盤に苦戦したものの、隙のない攻めで押し切った。

中学生でプロになった5人の中でも、デビューから2年8カ月で最速だった加藤を上回る1年7カ月で到達した高み。かつて「神武以来の天才」と最大級の褒め言葉で脚光を浴びた加藤から遅れること61年。現代に現れた新星は、歴代最多29連勝を含む数々の偉業で棋界を席巻したが、高校生になってからも5連勝と勢いは止まらない。

これで石田直裕五段(29)と対局する同組決勝(6月5日)で勝てば、憧れの羽生善治竜王(47)への挑戦権を争う決勝トーナメントに進出できるが「次戦が非常に大事な一局」。例年9~10月に5番勝負が行われる王座戦でも挑戦者決定トーナメント準々決勝に進んでおり、タイトル獲得への期待も確実に膨らむ。「少しでも上に行けるよう頑張りたい」と意欲を隠さなかった。

師匠の杉本昌隆七段(49)と同じ段位に肩を並べ、「そう言われても実感が湧かない」と苦笑い。その上で「段位だけでも並べたことは感慨深いが、これからさらに実績を積み重ねることが大事」とも。来年5月1日には皇位継承に合わせた新しい元号も始まる。その新元号が付いた「○○の天才」と呼ばれる土台づくりが着々と進んでいる。

引用:Yahoo!ニュース

藤井聡太 七段 プロフィール

名前:藤井聡太(ふじいそうた)さん

年齢:15歳

職業:高校生プロ棋士

段位:7段(15歳9か月)

棋士番号 :307

生年月日 :2002年7月19日(15歳)

出身地 :愛知県瀬戸市

師匠 :杉本昌隆七段

竜王戦: 5組

順位戦: C級2組

きになる年収 報酬や給料について

棋士によって当然年俸は変わるのですが、全体的な平均は700万~800万程

全国に160人程のプロ棋士がいる中で最低年収は推定400万といわれています

手取りの金額はランクによって異なりますが月収約55万~100万程といわれており

売れっ子になれば、年収1000万はいくと思われます

超売れっ子の羽生善治さんは年収1億を超えていると言われているほどです

現在の藤井さんはC級2組で月収は約15万、これは将棋連盟から支給される基本給で

年収に特に関わって来るのは、この5つが大きく関わってきます

・対局の獲得賞金

・講演料

・指導料

・将棋連盟の基本給

・スポンサー契約

昨年の藤井さんの年収は1000万に届かなったくらいと予想されていますので、

7段となった今は1000万を超えていくと予想、

竜王位獲得をすれば4320万円の賞金が入るので、

優勝すればとんでもないことになりそうですね

藤井さんが2月24日時点で予選を勝ち残っているのは、

竜王、王座、棋王、王将の4つとなっているようで、

竜王戦連続昇級で七段になった今、竜王位を獲得すれば八段に昇段するとともに

年俸1億にも届きそうな勢いとなっています

スポンサー契約は?

史上最年少の7段となった藤井聡太さんには、

多くのスポンサー契約の話が舞い込んでくると思います

現在はいったいどうなっているのでしょうか

29連勝の段階でもCMのオファーが殺到していたようです

連盟やご家族の方、藤井さん本人も「今は将棋に集中する時期だから」という考えで一致しており、軒並み依頼を断っていたそうです。

藤井さんの商品価値は当時よりもさらに劇的に上がっているので、

高校生になってCM解禁ということになれば、

スポンサー契約は最低でも1本2000万円といくのではないかと

予想されております

竜王戦と合わせてCM3本で年収1億はいくのではと予想しております

こちらは現在分かり次第追記してまとめていきます

スポンサーリンク



ネットの声 まとめ

誰一人否定的な言葉が発せない。

将棋はわからないけど、それだけで藤井さんのすぐ凄さがわかる。

本当に凄い快進撃だなあ。

新元号になって現れた天才ではないので新元号の天才にする必要はないのでは?まぁするなら平成最後の天才!!みたいな

ヒフミン先生の歳までやったら何段までいくんだ!?ってことはないか(^O^)

まだ高校生でしょ、すごい、高校生でタイトル取れるんじゃない?

羽生さんの棋譜をずっと見てきたし、羽生さん程の才能は二度とないものだと思ってた

しかし藤井七段の事は認めざるを得ないですね
当時の羽生さんより完成度が高いのは他のプロ棋士も言ってるように間違いないと思う

ただ羽生さんはずっとトップであり続けているこれからの藤井七段がどうなるか楽しみ

いやー、とんでもない高校生がいたものだ。

記録を塗り替え塗り替え
天才も、10年経てば
すごい棋士
もっと経てば 面白いおじいちゃん棋士
w

将棋とか、囲碁とかソロバンは脳活性と、老人のボケ防しに良いとは言うねぇ~
なので、私も囲碁クラブへ入ってますけど、上段へ上がるには結構難しいねぇ~
7段に昇進した、藤井聡太君は凄いでねぇ~
ところで、まだ童貞かしら?
童貞の思う、20歳までの女の子達らはそう思うに

高校生プロ棋士の藤井聡太さん年収 まとめ

これからのご活躍がとても楽しみな

藤井聡太さんを収入の面で探って参りました

今後のご活躍を応援していきたいとおもいます

スポンサー契約の詳細が分かりましたら追記をさせていただきます

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする