麻疹(はしか)流行の原因は?症状や対策、感染予防に効果的なのは何か調査

麻疹(はしか)が全国的に大流行し、対策や予防法が注目されています

流行の原因は何か、どんな症状が現れたら診察に行くのがベストか

大人と子供では対処法が違ってくるのか、麻疹(はしか)に対しての

疑問のアレコレを調査してまいりたいと思います

スポンサーリンク



麻疹(はしか)の流行状況

2018年は特に沖縄が発祥かといわれるくらい、沖縄を観光した旅行客が麻疹と診断されました。その後は沖縄県、愛知県、東京都と風疹の患者さんの発見が相次いでいます

万が一、麻疹を疑う症状をがみられたら事前に関係する医療機関に連絡をして受信をお願い致します

麻疹(はしか)に掛かりにくくする為には

麻疹(はしか)は感染力がとても強く、空気や飛沫、接触感染により人から人へ感染を広げていきます。

予防に関しては、注射での予防接種が有効といわれ、今まで風疹に感染したことのない方、

予防接種をしてない方、予防接種をしたが1回のみの接種の方は、ワクチンを接種を検討していただき

かかりつけのお医者様へ相談をしていった方がよいでしょう

麻疹(はしか)とは、症状について

麻疹の特徴として、急性の全身感染症が起こります

その後、感染7~14日で発熱、咳、鼻水などの症状が現れ、2~3日熱が続いた後、39度台の高熱と発疹が現れます。

肺炎、中耳炎を合併しやすく、患者1000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。麻しんウイルスの感染経路は空気感染、飛沫感染、接触感染と感染力が非常に強くなっており、免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症すると言われています

麻しんは手洗い、マスクのみでは予防できなく、麻しんワクチンの接種が有効な予防法で、

定期接種対象の方や麻しんの既往・ワクチン接種歴がない方には接種をお勧めしているようです

また、麻しんの患者さんに接触後72時間以内に麻しんのワクチンを接種すると、発症予防に効果的であると考えられております

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする