財規琢磨さん、食あたり タイで撮影中の出来事!!現在の様子は!?

俳優の財木琢磨さんが都内で2018年のカレンダー発売記念イベントを行いました

スポンサーリンク



その中での発表で撮影中のタイで食あたりに合っていた事を告白。初日に辛いものを食べすぎて食あたりになった騒動があったという事です

 

「まさか海外の病院に行くことになるとは思っていなかった」と苦笑いを浮かべてインタビューに応じ自身のカレンダーについては「僕が一番カレンダーをよく見る場所はトイレだから、トイレとかに飾ってたくさん見てほしい」と、おススメの写真について聞かれるとは「誕生日が10月15日で、10月は誕生日を意識した写真になっているのでお気に入りなんです」と答え、ケーキを持ちながら写真をの所をアピールした。

現在は順調に回復をし経過は良好なようです

 

 

では財木琢磨さんも掛かった食あたりはどの様な病気でしょうか、少し見てみましょう

 

食あたりは熱や下痢になったりするようで、今回はタイでの辛いものとありますが主に食あたりのときの発熱は、主に2つの原因のいずれかである可能性が考えられています。一つは食物アレルギーともう一つは細菌、

 

今回は細菌が原因のパターンで検証してみると、

口から入った食べ物が胃を経て腸から身体の中に有害な細菌が入ります。細菌から熱を出す物質が出ることによって熱が出ることがありますが、たとえ細菌が身体の中に入らなくても、腸の中で細菌から出た熱を出す物質が直接に働いて熱が出ることがあります。 

なれない土地柄、生水や加熱不十分な食品は控えるようにしたいですね。また熱いお国ですと飲みモノを冷やす氷にも細菌などが残っていて、飲み物は良いが氷がアウトアウトという事も有ります

 

また、身体に入った細菌自体には、熱を出す物質がなくても、細菌は身体にとっては異物ですので、身体の中では細菌を排除する免疫の働きが起こります。この働きのために熱が出ることがあります。 

 

スポンサーリンク



【細菌が原因の時の対策として】

1. 水分補給をする 

細菌からの熱を出す物質が原因の場合と、細菌を排除する免疫の働きが原因の場合は、症状を緩和するために整腸剤の内服と、下痢による脱水やナトリウムやカリウムなどの電解質バランスの乱れを改善するためにスポーツドリンクで水分を補給する必要があるようです

衰弱して直節取り入れれない時は、今回の様な点滴も効果的な方法ですね

 

2. 有効な抗生物質を投与する

細菌が原因での食あたりによる発熱は、細菌を身体の中から除き去らないと良くならなく。症状が軽い場合は市販の整腸剤で良くなる場合がありますが、熱が出るような食あたりの場合は整腸剤では良くならないことが多いようです。このため医師はどんな細菌が原因かを調べて、その細菌に対応する抗生剤を服用する必要があるようです

 

海外では財木琢磨さんの様に、十分気をつけていても、不意にかかってしまう病気は大変ですね

今後の御活躍をお祈り申し上げます

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする