田中連くん 最新情報 父親の現在の様子は?発見現場と原因は?

福井県越前市下4丁目に住む3歳男児・田中蓮くんが12月9日から行方不明なっている件に、最新情報が入ってきたようです。 九頭竜川・河川敷付近にて1月19日に見つかった男の子の遺体は、先月から行方不明になっていた田中蓮くんと確認されました。気になる父親の現在の様子は?発見現場と原因は?調査内容をまとめてみました

スポンサーリンク



発生内容、発生場所

田中蓮くんが行方不明になった場所は福井県越前市太田町にある、父親が務める会社の駐車場となっています。詳しい行方不明場所というのが越前市上太田町平井皮膚科の川の近くが行方不明場所ということで、分かりやすように地図を張り付けておきます

発生当時の状況としては、駐車場で父親の車に乗車中、10分間父親が車から離れた間に戻った時は蓮君はいなかったと…車は半ドア状態だったようです。

発見現場と死因について

死因については鑑定の結果、溺死か低体温症とみられ、死後1ヶ月から1ヶ月半が経過し目立った外傷はないことから事件性は薄く、誤って川に転落し流されたとみている

蓮くんが行方不明となった事故現場の父親の会社付近と発見現場の九頭竜川河口との距離は約42kmほど

遺体は19日午前9時50分ごろ、釣りに来ていた70代男性が見つけた。

<坂井市三国町を流れる九頭竜川の河川敷の付近の地図>

福井県坂井市の川で19日に見つかった男の子の遺体は、先月から行方不明となっていた越前市の田中蓮くん(3)と確認された。

19日、坂井市三国町を流れる九頭竜川の河川敷で身長1メートルほどの男児の遺体があおむけの状態で見つかった。警察が身元の確認を進めていたがDNA鑑定の結果、先月9日から行方不明になっている越前市の会社員・田中了士さんの長男・蓮くんと判明した。

蓮くんが見つかった現場は行方不明になった越前市の川から下流側に直線距離で40キロ程度離れていて、司法解剖の結果、死因は低体温症か溺死の疑いが強いことがわかった。骨折や外傷はないという。

警察は「事件性は低い」とみて引き続き、調べている。

引用:0テレNEWS24

スポンサーリンク



現在の様子は?

父親の了士さんと祖父の康雄さんは20日午前、越前署で蓮くんと対面をした。

「蓮くんにはごめんと言いました。3歳の小さい子が短い人生で…。死なせてしまったことがということが…」と声を振り絞った

九頭竜川河川敷の発見現場では「寒かったろう」「ごめんな」との声が何度もあがり、静かな水辺に悲しみに包まれた。祖父の康雄さんは「よくここに上がってくれた。泳いでくれたんか」とつぶやき、川面を見渡した

腰をおろして花をそっと手向けた了士さんは、流れる涙をぬぐうことなく一心不乱に手を合わせ、その間康雄さんも顔を上げることが出来なかった

悲しい事件の結末については、蓮くんと家族が再び再会できたことがせめてもの救いだったのかもしれません

ご冥福を、心からお祈りいたします

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする