田中蓮くん 発見場所 発見当時の特徴は?気になる相違点はあるのか?

行方不明の田中蓮くんが遺体で発見され、行方不明場所と発見場所との間は約42kmとかなり離れた場所で見つかったようです。 発見時の特徴や失踪時との違いはあるのでしょうか?当時の詳細と現在の違いを確かめてみましょう。

スポンサーリンク



行方不明時の場所・発見時の場所の特徴とは

<行方不明時>

蓮くんが行方不明になった場所は父親が勤務する会社の駐車場

会社で所用を済ますまでの、わずか10分の間に蓮くんは行方不明になっている

その後24時間体制で警察と消防、関係者で捜索を続けていましたが発見することはできず

<発見時>

福井県坂井市の九頭竜川河川敷で、身長1メートルの男の子の遺体が見つかりました。警察は、遺体は行方不明になっている田中蓮ちゃん(3)の可能性があるとみて身元の確認を急いでいます。

男の子の遺体が見つかったのは坂井市を流れる九頭竜川左岸の河川敷です。19日午前9時50分ごろ、通り掛かった男性が発見し、警察に通報しました。遺体は身長が1メートルくらいで、長袖のトレーナーに長ズボン姿。オレンジと紺色のラインが入ったスニーカーを履いていました。捜査関係者によりますと、遺体の服装は去年12月9日から行方不明になっている福井県越前市の田中蓮ちゃんのものと似ているということです。また、県内ではこれまでに蓮ちゃんの他に男の子の行方不明の情報は入っていないということです。遺体が見つかった場所は蓮ちゃんが行方不明になった越前市の川から下流に直線距離で40キロ程度離れています。警察は、遺体は蓮ちゃんの可能性があるとみて、DNA鑑定をするなどして身元の確認を急いでいます。

引用:テレ朝NEWS

発見時には目立った外傷は無く、蓮くんが誤って川に落ちてしまったのではないかとかんがえられています

スポンサーリンク



発見時までの期間と発見時の謎

1.発見時の特徴

服装の発表で若干の違いがみうけられます

<行方不明時 Twitter参照>

・緑のジャンバー

・カーキ色のズボン

・グレーのスニーカー

<発見時>

坂井西署によると、DNA鑑定で型が一致した。死後1カ月~1カ月半がたっており、死因は低体温症か溺死とみられる。身に着けていたトレーナーは灰色で、長ズボンはカーキ色。履いていたスニーカーは16・5センチでオレンジ色と紺色のラインがあった。同署は「いずれも蓮ちゃんが行方不明になった時の服装と矛盾はない」とした。遺体に目立った外傷がないことから、事件性は低く、誤って川に転落し流されたとみている。

引用:Yahoo!

Twitterに上げたのが母親で実際に最後まで一緒に居たのが父親ですので、記憶違いや発表の間違いはあったのかもしれません

DNA判定で結果はでていますが、発見までの間に何かがあったのかもしれませんね

2.気になる体の変化について

人間の肉体が死後42日間水に漬かっていたならば、かなりの見た目の変化があるとされていますが、今回の発見時は見ための変化はあまりないとされています

もしくは、何らかの原因により下記の様な状態がおきて肉体の形が保たれていたのかもしれません

死蝋(しろう、旧字体では「屍蠟」)は、永久死体の一形態。死体が何らかの理由で腐敗菌が繁殖しない条件下にあって、外気と長期間遮断された果てに腐敗を免れ、その内部の脂肪が変性して死体全体が蝋状もしくはチーズ状になったものである。鹸化したものもみられる[1]。ミイラとは異なり、乾燥した環境ではなく湿潤かつ低温の環境において生成される。

引用:ウィキペデア

いくつかの疑問点が残るままとなっていますが、男児が無くなっているのは事実ですので無くなられた男児には心よりご冥福をお祈り申し上ます

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする