横浜市金沢区 男子高校生 父親を包丁で殺害した疑いで逮捕!!家庭内のトラブルで相次ぐ刺殺

横浜市金沢区にて男子高校生が父親を殺害したとして、金沢署は21日殺人の疑いで横浜市金沢区に住む高校2年生の少年(18)を逮捕した。同居する会社員の父親(44)の胸などを刺すとして殺害したとみられています
少年は「(両親の)ケンカを止めようとして刺したのは間違いがないが、殺意はありませんでした」などど供述している

スポンサーリンク



<事件の経緯>

20日夜、横浜市の集合住宅で18歳の男子高校生が同居する44歳の父親を包丁で刺して殺害したとして警察に逮捕されました。警察がいきさつなどを調べています。

20日午後7時40分ごろ、横浜市金沢区の集合住宅で「夫が自分を包丁で刺した」とこの男性の妻から消防に通報がありました。

消防が駆けつけたところ、44歳の会社員の男性が胸などから血を流して倒れていて、病院に運ばれましたがまもなく死亡しました。
警察が家族から事情を聞いたところ、長男で18歳の高校2年の男子生徒が「僕がやりました。台所の包丁で刺しました」と話したことなどから、殺人の疑いで逮捕しました。

警察によりますと、調べに対し男子生徒は「父と母がけんかをしていた。父を殺さないと家族が暴力を振るわれると思った」と供述しているということです。警察は事件のいきさつなどを調べています。

引用:NHK NEWS  WEB

<事件の現場となった場所の周辺>

<その後の供述>

少年は当初、駆け付けた署員に「お父さんを殺さないと家族全員が暴力を振るわれると思った」と供述したが逮捕後は「殺そうとは思わなかった」と殺意を否認しているそうです。

先日の慶応大の学生も父親と自分の弟との間の口論を止めようとして、父親を刺殺した経緯がありましたが、家庭の残念な事件が多発してしておりますね

最新情報が入り次第追記をさせていただきます

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする